第123回統計委員会(平成30年6月29日)

山田議員は、総務大臣政務官として野田総務大臣、奥野総務副大臣と統計委員会に出席しました。
会議では、約10年ぶりの統計法の改正により、同委員会の機能強化の一環として新たに置かれた幹事が初めて出席し、野田総務大臣、奥野総務副大臣、山田総務大臣政務官は、公的統計の適切な作成等において、各府省の総括責任者である幹事が果たす役割の重要性や幹事への期待などをそれぞれ述べました。
また、野田総務大臣は、西村淸彦統計委員会委員長に、「平成29年度統計法施行状況」に係る報告書を手交しました。

総務省のHPに紹介されていますので、是非、ご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/photo_gallery/02koho03_03002601.html