車座ふるさとトーク(長野県北佐久郡軽井沢町)(平成30年1月15日)

山田議員は、総務大臣政務官として長野県北佐久郡軽井沢町において開催された「車座ふるさとトーク」に出席し、「軽井沢の地域振興と進化型テレワーク」をテーマに、軽井沢町を拠点に活動されている8名の方々及びテレワーク関係の有識者2名の合計10名の方々と意見交換を行いました。
「車座ふるさとトーク」とは、大臣・副大臣・政務官が地域に赴き、その地域の方々と少人数で車座の対話を行い、生の声をつぶさに聞いて政策にいかすための取組です。
活発に行われた意見交換の中では、「軽井沢は、豊かな自然・充実した施設の中で、年間を通してスポーツができるなど、恵まれた環境。スポーツを通して健康的な生活を送れることも、軽井沢の魅力。」、「東京では立場や機能を踏まえた関係性になりがちだが、軽井沢では人と人との繋がりになる。新しいことを起こすフィールドとして軽井沢は向いている。」、「軽井沢に来る人は開放的な景色などの非日常感を求めているが、そこに行くための交通の便が悪いことが課題。」、「閑散期にも魅力的な時期はあり、ホテルなどでリーズナブルな平日宿泊プランが用意されると、東京でテレワークを望んでいる人たちを取り込めるのではないか。」、「軽井沢は日本では良く知られているが、海外ではまだ認知度が低い。もう少しワールドワイドにPRすることが課題。」などの貴重なご意見を伺いました。
また、「車座ふるさとトーク」の開催に先立つ懇談会では、軽井沢町の現状や産業の状況、地域活性化方策等について、藤巻軽井沢町長や軽井沢観光協会長などと意見交換を行いました。さらに、「車座ふるさとトーク」終了後には、農産物等直売施設「軽井沢発地(ほっち)市庭(いちば)」や、軽井沢風越公園内の総合スポーツ施設「軽井沢アイスパーク」を視察しました。

総務省のHPに紹介されていますので、是非、ご覧ください。
www.soumu.go.jp/photo_gallery/02koho03_03002265.html

意見交換を行う山田総務大臣政務官